スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

かしこい病院のかかり方なのよ。~セカンド・オピニオンとドクター・ショッピングと転院はすべて別物なのよ~

こんにちは、くにゃです。
フェレットです。
今日はかしこい病院のかかり方について考えるのよ。

さてさて、みなさんのご家族やご自身が病院にかかってて、先生からこんなこと言われたこと一度くらいはあるんじゃないかしら?
151202a.gif
たいがいは様子を見るもなにも処方して貰ったお薬飲んだり飲まなかったりしてるうちに元気になるのよ。

でも時には・・・
様子を見ましょうってお薬処方されて飲んでるけれどもちっともよくならないのよ!?
とか
様子を見ましょうって言われたけども、なんだかどんどん元気がなくなってきてるのよ!?
ってこともあるのよ。

『様子を見ましょう』ってなぁに?なのよ。
ここには実はふかーい意味が隠れてるのよ。

実は診察室に『こんにちはー』って入った瞬間から診察は始まってるのよ。
パッと見の印象で重症感とか、お腹が痛そうならその程度が手術が必要そうなものかどうか・・・なんてとこまで見てるのよ。
そこで超緊急状態でないって分かったらゆっくりお話を聞くのよ。
その段階で先生の頭の中には何の病気かな~。
AかなBかな?はたまたCかな・・・ってのが、いくつかリスト・アップされてるのよ。
リスト・アップの方法は色々あるけれども、いきなり3万イタチさんに1イタチなんて頻度の病気から疑ったりはしないのよ。
ヒトで言うならインフルエンザが大流行してる時期に咳とか鼻水とかほとんどなく突然の高熱があれば、まずはインフルエンザを疑うように、頻度の高いモノから考えるのよ。
そして、必ずもうひとつ見落としたら危険なもの、XとかYとかZだったら心配なのよ!?も考えておくのよ。
これは頻度が低くてもリストに加えるのよ。
とは言っても頻度も分からないくらいとてつもなくレアなのはやっぱり加わらないのよ。
でもAもBもCもどころかXもYもZも・・・ぜーんぶお話したら心配させちゃうし、頻度や現在の症状から考えればまずAだろーなって予測はできるから全部はお話しないのよ。

で、お薬を処方して、『様子を見ましょうなのよ。』
つまり、このお薬が効いてよくなればたぶんAなのよ。
(でももしかしたらお薬なくてもかってに治った別の病気の可能性だってあるのよ!?)
もしこのお薬が効かなくて、、、bの症状が出てくればBかもなのよ。
このお薬が効くけれども一時的で、、、、cの症状がでてくればCかもなのよ。
急激にxの症状がでてきたりyになったりzしたりしたら、XとかYとかZだからヒィーーーーー!なのよ。
っていう言葉がそこには隠れてるのよ。
先生によっては、『お薬飲んで2~3日で良くならなかったらまた来てね』とか、『このお薬飲み終わったら受診して下さい』とか、『お薬飲んでてもあんなこんな症状出てくるようならすぐに連絡下さい』とか・・・・
追加の言葉をつけてくれる先生もいらっしゃるのよ。

とは言え・・・そこのところが分からないから経過が長くなってくると不安になるのよ。
あるいは、どうやら重大な病気らしいって言われて、こんな検査やあんな検査、こんな治療が必要かも・・・って言われると不安になるのよ。
151202b.gif
重大な病気であればあるほど、別の病気であって欲しいって思ったり、不安で治療方針にどうしても納得できない時ってあるのよ。

その時に利用するのがセカンド・オピニオンなのよ。
ヒトの病院だと最近は先生の方からセカンド・オピニオンを受けますか?って提案してくれることも多いのよ。
先生が今までの経過や検査結果やお薬の効果や、現時点での診断と治療方針と、患者さんが何を心配していてどんなお話を聞きたいと思っているか・・・・なんてことまでお手紙に書いてくれるのよ。
別の先生のお話も聞いて、やっぱり同じ診断で同じ治療なんだなって納得できて、安心して治療を受けることができるのよ。

そしてたいがいは最初に受診してるところがお家から近いから、治療方法が変わらないならお家から近い病院がいいのよ。

とは言え・・・医師の中にもセカンド・オピニオンの本当の意味を理解してない方がいらっしゃって、中には怒る方がいらっしゃるそーなのよ。
で、『他の先生に相談したい』なんて言ったら失礼じゃないかなんて心配して、、、先生に黙って違う病院を受診することがあるのよ。
下手すると、飲んでたお薬の名前も分からなかったり、せっかくして貰った検査結果がなかったりするのよ。
さらにはちゃんと説明できなかったりして・・・
で、2つ目の病院でも同じことの繰り返しになっちゃって、、、、さらに3つ目の病院へ・・・・これはドクター・ショッピングなのよ。
下手すると手遅れになっちゃうのよ。

はたまた、、、、セカンド・オピニオンのつもりでお手紙持って受診なんだけども、ちょっと日数が経ってその後に新たな症状が出ることもあるのよ。

くにゃちゃん先生にa症状で受診してA病かなって言われてお薬のんだけど、xになってきました!!!
このお手紙読んでなのよ。
『ふむふむ、これはX病かもしれませんね、検査しましょう。チクッと採血、ニュルッと超音波、パシャッとレントゲン。締めて2万円なり。どーやらこれはX病です!手術しましょう!』
151202c.gif

ヤブ医者じゃないのよ。
151202d.gif
くにゃ先生が最初に言った『様子を見ましょうなのよ。』は、こういうことだったのよ。

後医は名医って言葉があるのよ。
症状が出てから時間が経てば経つほど、新たな症状が加わったり、お薬が効かなかったとか、血液検査の結果の経過とか、、、色んな情報が加わるのよ。

病気があって定期通院してるイタチさんなら元気でもがんがってもらって採血して経過を見たり・・・なんてこともあるけれども。
鼻水垂らしてるけどめっちゃ元気・・・とか、目が赤いけど他はとっても元気・・・とかならいきなり採血とかレントゲンとかどんどん検査はしないのよ。
経過が長くなってきてるから、お薬が効いてないから、元気がなくなってきてるから、検査を追加されるのよ。

なんだか長くなって話が散漫になってきちゃったからそろそろ終わるのよ。
『様子を見てなのよ。』って言われたら、次にいつ病院へ来たらいいのか?どんな症状があれば早めに受診するべきなのか?って事を質問しておくといいと思うのよ。
そして一番大事な事は、主治医の先生との良好な人間関係を作るってことなのよ。
相性が合わないから他の病院に行きたいってのはセカンド・オピニオンじゃなくって、転院なのよ。
それもあってもいいと思うのよ、でもその時に相性が合わないからお手紙ちょうだいって言えずに転院しちゃうと、痛い検査をもう一度しなくちゃならなかったり、情報が不足してて診断に遅れがでたり、、、またまたうまく行かないなんて事になっちゃいけないからご注意なのよ。
151202e.gif
主治医の先生との良好な関係があれば、実は色んな通院方法ができるのよ。
たとえばメインの治療は主治医の先生のところでするにしても、連日の点滴が必要とか、たいしたことじゃないけどかかりたいとか、緊急でかかりたいけど主治医の先生の病院は遠いっていうような時に、近くの先生のところで診て貰うってのもありなのよ。
それも、そもそも主治医の先生にお願いして、もしもの時は家の近くの病院で診て貰いたいからお手紙書いて貰えますか?
ってお願いすればいいのよ。
そしたら、『当院にX病で通院してx治療中のイタチさんです。aとかbとかになることがあると思うのでその際には先生の病院を受診されますから、アレとかコレとかしてあげて下さい。もしもcの時とか困ったことがあれば当院へどーぞなのよ。』ってお手紙を書いてくれるはずなのよ。
みなさんのお家のすぐ近くにイタチさんの診療に慣れた先生がいらっしゃれば心配ないと思うんだけども。
これならイタチさんの診療に慣れてない先生のところでも対応してくれるだろうし、もしもの時にも安心なんじゃないかしら?

読んだことないよって方はこちら『インフォームド・コンセントとはなのよ。』もどーぞなのよ。

もはやケーキとチキンが楽しみなくにゃなのよ。




後医は名医だけども、初めて診る先生だって、今までこんな症状なかったですか?とか身近に同じような症状の方がいらっしゃらなかったですか?とか、今までどんな病気をしたことがありますか?とか、ご家族にどんな病気がありますか?
って質問を加えることで、情報が増えて名医になることがあるのよ。
名医になって貰えるように、受診の際にはあらかじめ症状とかのメモを作っておくといいと思うのよ。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

いつもためになるくにゃ先生の講義ですが、
今日はいつにも増してためになったのよ。

No title

経験が・・・
セカンドオピニオン・・・
ドクターショッピングの話も・・・

最初にお世話になってた病院。
先生とも特に問題なかったんですが
まりんのリンパ腫から都内のあるエキゾメインの病院を薦められ・・・
この先生のお友達の開業している病院でも相談したらやはり結果は同じで・・・

お世話になってた先生から
「セカンドオピニオン、いいよして。ただドクターショッピングにはならないようにね」と

飼い主と病院(先生)との相性もあるし
ちゃんと飼い主の話も聞いてくれるか・・・ですよね。

周りでいましたよ。
違う病院いくならもう来なくていいです!って言われたと。
都内の有名な病院でしたけど。

今回もいい勉強になりました!

No title

家の近くに小動物が診られる病院がほぼ無くて・・・
初代の子がお世話になった先生が開業して
そちらを追いかけて今でもお世話になっています

確かにセカンドオピニオンが必要な時も
あるかも知れませんが
田舎に住んでいる我が家には
新たな病院を探すのも大変
通院も大変になってしまって・・・

今の先生は、患者さん飼い主さんの両方の事を考えてくれて
私はとっても信頼をしているので
セカンドオピニオンは考えていなくて・・・

過去あった事で・・・
病理検査をお願いして出た結果にどうしても受け入れられなくて
違う機関に検査を出したら、全く違う結果が出てしまい
ビックリして困り果てた時がありました
その時は、先生の判断処置にお任せしました。
先生の処置で助かりました。

病院だけでは無くて、検査機関でも出す所によって
違う結果が出る場合がある事を知りました。
それもセカンドオピニオンって言うのかなぁ~

長くなってしまってごめんなさい・・・

勉強になります

くにゃ先生ありがとう🙋

かしこい患者さん目指します。

汝の眼を信じよ

くにゃ様、こんばんは。つくしです。
ですよね~。診察は部屋に入ったその瞬間から始まっているのですよね。
昔のDrこそ凄いですよね!「まず診(見)よ」!目で見て、聴診器で音を聴いて‥五感と経験と知識を照合して‥偉いですよね~!
そしてまた、ウチの執事ですけど、街のクリスマスムードをしこたま五感で感じたらしく、ふてくされた顔で帰って来たのよ。
「おかえり。甘~いキウイは緑のクリスマスcolorよ🎵クリスマス、楽しみね~✨」と言う私に「僕は仏教徒です。おはぎを食べて南無阿彌陀仏を唱えて寝るんです!」って(-_-)どうしようもないのよ‥

新語?ドクターショッピング

度量の大きなドクターと出会いたいですねv-218

様子見って本当に微妙ですね
ワタシ、薬疹の時「なぜ救急車でこなかった!」と(;^_^A アセアセ・・・
高熱に強いので、下駄ばきで来院しそのまま別の病院に半月入院したわさ

部屋グチャグチャのまま、猫にも合えず、入院支度も男チームに指示という
酷い目にあいました

我慢強いのも程々ですね(笑

セカンドオピニオンと、転院との違い。
φ(・ω・*)フムフム...
名医にかかりたいから、受診するほうとしても丸投げではなく、ちゃんとお医者さんと向きあわなきゃ!ですね。こんなこと聞いていいかなぁーーって思うことも、質問もちゃんとしよっと。
自分の身体、親の身体、家族の身体、しゃべらない家族(けむくじゃら)の身体、大事ですから。

くにゃちゃん、あざっす!( 'ω')アザッス♡

No title

今の私には、すごく勉強になりました。
わが家のかかりつけの先生は、聞けばすごく丁寧に説明してくれるのですが、それが長すぎて、結果何を説明してくれたのかわからなくなります。
私も理解しようと必死なので、つい診察時間が長くなり、ちょっと申し訳ないな~と。
今回、セカンドオピニオンを考えているので、こちらのブログで勉強して、いろいろ資料を整理しようと思います。
ありがとうございました!!

Re: こばさん

そーなのよ。
様子をみましょうは実は深いのよ。

Re: 雅子さん

結局のところ安心してかかれるかどうかだと思うのよ。
有名な病院が良い病院ではないし、誰かにすすめられた病院が他の方にとっても良い病院とは限らないのよ。
納得できないならセカンド、サード、フォース、、、、いくらでも相談すればいいと思うけど、その間時間は過ぎて言ってるのよ。
何が大事なのかなのよね。

Re: No title

病院が遠いと大変なのよ。
もしかしてそれでままっちさんの赤プリの走行距離が凄いのかしら???
安心できる良い先生にかかられてたらセカンドオピニオンは必要ないわよね。

病理検査の件だけども、、、、
うーんと、、、、例えるなら、細胞の顔つきを見て、こいつはタチの悪いヤクザで◎△■組のやつかな?とか
こいつは悪そうな顔してるけど、所詮チンピラだからたいした悪事は働けないだろう、とか
これはずいぶん安心できる顔つきだけど、やってることはワルだなぁ・・・実は裏で△$¥組と絡んでるかも?とか
数字で表すものではなくって、あくまでも細胞の顔つきなのよ。
モノによっては、特別な色に染まる方法とかを使ってどこの組のモンかを特定しようとしたりってのもできるんだけども。
全体の3%くらい悪そうならこっち、30%くらい悪そうならあっち、とか曖昧な部分もあるのよ。
だからとっても典型的なものだと誰が診ても診断が同じになるけど、そうでないのは診断が変わることがあるのよ。
といっても良性と悪性まで変わることは普通ないけども・・・・

こんな説明で分かるかしら?
ちなみに、セカンドオピニオンってのはあくまでも患者さん主体で動く時の話なのよ。
もし、その病理診断にままっちさんが不安で、ままっちさん自身が病理標本を持ってよその病院に行って診て貰ったならセカンド・オピニオン。
主治医の先生がよその病院に相談してくれたなら、それは単なる相談でセカンド・オピニオンとは言わないのよ。

Re: やしもんさん

かしこく病院を利用しましょーなのよ♪

Re: tamapiさん

そっ!それはまさかの命に危険があるくらいの副作用なのよー(((( ;゚Д゚)))
ご無事で何よりなのよ。

Re: むぅさん

有名な病院が誰にとっても良い病院とは限らないし、名医が誰にとっても良い先生とは限らないのよ。
そうなのよ、治療を受けるのはこっちだから、丸投げにならないようにしたいところなのよ。

Re: つくしさん

お返事が前後しちゃってごめんなさいなのよ。
そうなの、そうなの、わたしたちイタチは五感を使ってだからモチのロンでニオイもくんくんくんくん・・・・

執事さんが仏教徒ってことは、つくしさんちのクリスマスは、諸人こぞりて・・・仏は来ませり〜♪でおはぎ???
やっぱりクリスマスはケーキとチキンを食べなくちゃなのよ〜

Re: まつこさん

治療可能な原因が見つかって調子が良くなるといいですね。なのよ。
プロフィール

くにゃ

Author:くにゃ
くにゃです。フェレットです。
ブログ始めました。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。