スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

くにゃの知らない20年前のことなどなどなのよ。

こんんちは、くにゃです。
フェレットです。
20年前・・・くにゃはまだ生まれてなかったから下宿人にお話聞いたのよ。
1月17日の午前5時46分の少し前、なんでだか突然パチッと目が覚めたんだって。
真っ暗闇の中、なんで目が覚めたんだろー?おトイレ行きたいわけでもないけど・・・って思ってボーとしてたら。
『カタカタカタカタカタカタっ・・・』
え?地震???
(まともな地震を経験したことがないとちっちゃい地震に気づいた?とか気づかなかった?とかお友達と笑って話すレベルだからこの時もそれくらいにしか思ってなかったそーなのよ)
『シーン・・・・』

『ドォーン!!!』
カタカタカタカタガタガタガタガタ・・・
『ガタガタ・・・ドッカーン・・・ガッシャーン・・・バッキーン・・・ゴロゴロ・・・ズドドォーン・・・』

下宿人は2段ベッドの上の段で愛犬みるちゃんと寝てたんだって、下の段には妹が寝てたのよ。
ドッカーンって来た瞬間にただ事じゃないって思って飛び起きてみるちゃんと抱き合ってたんだけど、大きな縦揺れになってベッド上で座ってすらいられなくなったんだって。
その時点でみるおばーちゃんは縦揺れで吹っ飛ばされて2段ベッドから落ちたそうなの。
でもどーすることもできず、ベッドが崩れて妹が潰されないよーにって必死で抑えてたらしいのよ。
(寝てるベッド抑えても意味ないじゃないのってくにゃは聞きながら思ったのは内緒なのよ)
遠く、あちこちから悲鳴が聞こえて・・・
ともかくしばらくしたら収まったので起きてベッドを出たんだって。
おとーさんに着替えなさいって言われてみんな慌てて着替えて、オウチの中の安全と思われる場所に移動。
150117a.gif
幸いみるおばーちゃんは怪我もなく、興奮してたけどジャーキーあげたら喜んで食べて落ち着いたそーなのよ。

そしてそして、おとーさんと下宿人が事態把握のためにラジオつけて外へ偵察に・・・
玄関に置いてた熱帯魚の水槽はひっくり返ってお魚さんやらみなさまぴちぴち・・・
きしむドアを開けると・・・
お庭に穴ぼこ、地面のひび割れ、朝もやのような土煙、ガス臭くって・・・
下宿人は火星人の襲来っ!!!って真剣に思ったそうなのよ。
それくらい異様な光景とガス臭いだけではない変なニオイがしたんだって。

お隣のおうちはおばーちゃんは2階建てに1人暮らしなんだけど、1階建てより低いくらいにぺちゃんこになってて。声をかけてもお返事なし。
そうこうしてるうちに余震が何度も来たんだって
余震のたびに地下の奥底深くで大きな岩がゴロゴロドゴォって砕けるような音がして地面がパクって割れて飲み込まれるんじゃないかって思ったって。。。

坂道を降りて行った先のアパートもぺっちゃんこ
当然住人は誰も出て来れない。。。
近所の人が大勢集まって、呆然として、誰かが随分前に119連絡したって言うけどあっちもこっちもこの状況じゃまだまだ来なさそうって・・・
なっこさんの辺りみたいに火事は起こらなかったけど・・・なのよ。
そんな光景があちこちになのよ。

目の前で起こってるのに何もできなかったのよ。

ってこんなお話してたらキリがないから終わるのよ。

このポトス、あるところでハンギングバスケットに吊られたままおそらく数ヶ月放置されて枯れっ枯れになってたのよ。
下宿人が救出して蘇生したのよ。
150117b.gif

もともとは10鉢分くらいあったのよ。
鮮やかなミドリで元気に見えるけど栄養あげても細い細いのよ。
150117c.gif
災害時ってその中心にいないと直後のことしか目立たないのよ。
直後は当然大変で日頃の準備が大切なんだけど・・・これは災害の時期で言うと急性期(発生直後〜48時間)〜亜急性期(〜1ヶ月)と短い間なのよ。
その後の中長期ってのが復興の時期にあたるわけなんだけど、これには数ヶ月どころか数年かかるのね。
数年どころか、体や心に負った傷は20年たっても癒えないのよ。
癒えるというよりは一部になっていくんだろうと思うのよ。

一昨年、東日本大震災の中長期復興支援のボランティアで下宿人が福島県の白河へ行ってきたのよ。
(ボランティアですが激しくヒトが不足している領域ですので交通費・宿泊費とバイト料も少し出るものです。)
くにゃはその間お留守番で毎日ジャーキー三昧だったのよ♪

地元のヒトに色々お話を聞いたり
あいた時間にレンタカー借りて白河〜会津若松〜磐梯山へ観光したんだって。

自然がいっぱいのステキなところ
震災から2年も経ってても・・・という景色があちこちに・・・
東京オリンピック開催が決まっちゃって、工事に関わる職人さんはお給料のいい東京へ取られちゃうもんだから復興が進まないんだって聞いたそうなのよ。

そしてビックリしたのが毎日の放射線量ニュース!!
天気予報図みたいに毎朝毎夕あるんだって。
地方新聞は1面からずーっとずーっと、まるでつい数日前に起こった出来事のように復興が進んでないって話やらなんやら・・・
それなのにボランティアから帰って来てしばらくしてから変な賞状みたいなのが立派なケースに入って送られてきたのよ。
こんな無駄遣いしないで欲しいのよ。
東北●△■*メガバンク(既に256億円投入)ってのがあるんだけど、、、周辺に関わってると、その他のことでも、もの凄ーい便乗なのが目につくそうなのよ。
これはあちこちから批判もあるんだけどもなのよ。

神戸よりはずっとずっと田舎だから、これって本当に復興できるのかなぁって感じたそうなのよ。。。

その神戸(兵庫県)でも・・・なのよ。。。
150117d.gif
ごく普通の当たり前の日常、失って初めてその素晴らしさが分かるのよ。

日常に目を向けると・・・
災害と関係なくても大変な暮らしをしてるヒトはたくさんいるのよ。(日本でも)
災害と関係なくても犬さん猫さんは相変わらず殺処分されてるのよ。
みんなががんがってくれてるから年々減っては来てるらしいんだけど
H25年度のデータによるとワンコさん28,569匹、ニャンコさん99,566匹の合計128,135匹。
1日351匹、およそ246秒に1匹が処分されていってるのよ。。。
このブログを読んでくれてる間にも・・・なのよ。
わたしたちイタチさんなど小動物ではデータがないから分からないけどもなのよ。

毎日ごはんがあってオヤツも食べられて、お風呂は余計だけども、あったかい寝袋があって。。。
くにゃは幸せだなぁーって思うのよ。


だから今日もがんがってはたらくのよ。

くにゃの趣味の園芸なのよ。
酸素不足っぽかったら根本をホリホリして空気を入れてあげるのがポイントなのよ。
レギネちゃん、昨年夏頃から茎が倒れやすくって・・・
にょろおねーちゃんはときどき喝を入れてガブッちょしてたけど・・・どーしたらいいのかしら?




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

早いですよね。もう20年。
私は関東なので阪神大震災の時はニュースで
見ましたが、凄い光景を見て言葉も出ませんでした。
目の当たりにしたら、もっとですよね。

父の実家が福島県の相馬、従兄妹が宮城です。
復興の進みが遅いと今も言ってます。

復興が進まないのに、オリンピックの開催準備って
日本のお偉いさんにとっては、所詮、他人事なんでしょうね。

阪神大震災で被害にあわれた方へご冥福をお祈りします。

震災当時オカンは中3受験真っ盛りでした…オカンの地区では兄の先輩が唯一亡くなりましたが(新聞配達中にブロック壁の下敷きになったそーです)揺れの激しさの割に隣近所なんの被害も無く、山向こうの空が何とも言えない真っ赤な空に驚きTVをつけて地震の凄さに言葉を失いました。進学後、友達の中に家族を失った子、家が全壊し仮設で暮らす子、沢山いて…何もなく無事だった事を手放しで喜べなかった自分がいた事を思い出します。そんな震災から20年…今娘が受験生、当時のオカンと同い年になりました。どんどん薄れていく震災の記憶を、東日本大震災でまた思い出し、自然の怖さをまた知らされました。復興にはまだまだですね…神戸は復興早かったと言われてますが…まだまだな気もするんですよねぇ〜もちろん建物などは綺麗になりましたけどね。人の気持ちとゆーかなんとゆーか…でも絶対に忘れてはいけない事ですね。壊れた物、亡くした人は元には戻りませんが、生きていく事が復興への大切な一歩…消費税あげるだの、やり直しの選挙だのゆー前に色々考えてほしいものです(._.)

No title

もう20年なんですね~
町並み・建物・・・復興が進んで
まるで、大地震があったの?って感じですが
その時、あの地震を体感した人の恐怖心はなくなるどころか
いつまでも残っていると思います

東京オリンピックの開催決定で、東北の復興が進まない・・・
どちらが大切なんでしょう?!

動物の殺処分・・・

どれも、考えさせられます・・・

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

当り前じゃないってことですね・・・。

ガス臭いのも変なニオイっていうのもよくわかります。
あの時のニオイは今でも忘れられないもんですよね・・・。
火災後の長田はどんどん異臭が増してて
大人になってあのニオイがなんだったのかと気付いた時は
何とも言えず切なくなったもんです(;´・ω・)

今日で20年、来年は21年・・・

これからずっとそうやって続いていくのでしょうが
いつか、あの時はこうだったね!って笑いながら
言える日は来るんだろうか・・・なんて考えてみましたが
これはどれだけいろんなヒトが助けてくれても
一生来ない気がしたりします。
ですが、ヒトの暖かさも一生忘れてはいけないと思ってます。

殺処分、すべての動物にヒトの暖かさを・・・ということは
まだまだ難しいかもしれませんが
せめてヒトと共存出来る社会にならないもんですかね・・・。
安倍さんなにしてんですかねー・・・。

あの、観葉植物ですが、うちの実家にけっこうたくさんあって
どれも全く枯れないんですね。
でも日当たりの悪いところに置いてあるモノもあり
完全に放置しているので
なんででしょ?って以前祖母に聞いてみたら
怪しい栄養剤を見せてくれたんです。
その栄養剤でレギネさんも・・・( ;∀;)

阪神大震災から20年になるんですね~震災の一年後に今の会社に入り毎回関西に来るようになって会社の人達は大変だったと言ってましたね~阪神高速が目の前で落ちたとか(--;)

東日本大震災は埼玉でもかなり揺れて水槽が3つあって一番大きい水槽を押さえるのがいっぱいいっぱいで他の水槽の前にえんじぇるの小屋がありびちょびちょになって可哀想な事をしたな~と(--;)

Re: ルチさん

震災の頃にお仕事をされていた方のお話は壮絶です。
1日24時間がどんなに長く感じられたことかと思います。
突然将来を絶たれた方、絶たれないまでも・・・という方、愛する人を失った方。
無事に生き残った者にはそれなりの役割があると思っちゃうのが人間でしょうね。

Re: 10ずのオカンさん

お辛い話をお聞かせいただきありがとうございます。
建物、ホントに表面的にはキレイになりましたよね。
阪急西宮駅周辺は小さな商店街がすっかり消えて、ガーデンズができてからちょっとしたオシャレな町で若者に人気な居住地に変身しちゃいましたもんね。
うちの近所も小さなアパートやお宅だけでなく、お庭にジャングルがあるかのような大邸宅もそれを建て直す余力がなくどこかに転居されたのか何かあったのか分かりませんが取り壊されてマンションが建っちゃったり・・・
変わったようで・・・あの日のまま止まったままの時計もどこかにあったり。

ところでオカンさんって若いおかーさまですね!?
娘さんは自慢のおかーさんに違いないです。
20年目の節目の年に娘さんがオカンさんと同じ年齢ってなんだか不思議な感じですね。

Re: ままっちさん

何年経っても心の中の時計があの日のままという人。
思い出すたびに前日に戻りたいと思う人。
前の夜になんであんなこと言っちゃったんだろう・・・もうごめんなさいが言えなくなっちゃった人。
思い出したくない人。
ここまで来るのに長い長い20年間だったと思います。

そうですね、震災後2年経っても流された船舶がそのままあったりしましたが、阪神大震災でにぶっちぎれた阪神高速はあっという間に修復されましたから随分と街の再生速度は違いますね。
その土地の再生が経済に及ぼす影響という部分もあるような気がします。
過去の歴史から考えると災害で都市が滅亡ということはあるけれど、今の時代にそれはイカンでしょって思います。

ままっちさんちの4色さんは幸せものですよー

Re: 鍵コメさん

コメントありがとうございます。

実は震災直後からしばらくテレビが見れなくなりました。
つけてもあの光景ばかりで
落ち着いてからは、くだらない番組で時間を潰すことが悪いことのように思われて。
もともとテレビっ子ではなかったのでそのまんまあまりテレビ見なくなりました。
そして関西人なのにお笑いに疎いという・・

Re: なっこさん

20年前のあの日のまま、というかあの日の前夜で止まったままという人もたくさんたくさんいるでしょうね。
あの日を忘れないって企画展とか、、、忘れられないからこそ見たくないって思っちゃいますけどね。

確かに人の暖かみは忘れないというか思い出せるけど。
思い出したくないこともあるでしょう。

そう思うと戦争体験を語り継いでる方たちって・・・頭が下がります。

生き残った者の役目ってのが何かあるんでしょうね。
なっこさんが動物たちを助け続けてるみたいに。
もしかすると助けた猫さんの中には震災時に離ればなれになってしまった猫さんの子孫がいらっしゃるかもしれません。
いやきっといるはずー
という具合に回り回ってどっかに辿り着くという不思議なこの世。
やはり人と人との出会い、繋がりが大事だなぁと思います。

ところでっ!
そのおばーさまの『怪しい』栄養剤!!!
正体を教えてくださいませーーーーー

Re: つよしさん

ぶっちぎれた阪神高速、わたしは下から見上げただけですが、走行中にめまいのような揺れを感じてあわててブレーキを踏んで・・・・
気づいたら目の前の道路が途切れて、前を走っていた車が消えていたというお話を聞くとガクブルでした。

えんじぇるさん、びちょびちょで驚いてる姿想像しちゃいました(w
うちのにょろは大きな地震があると腰抜かして走って隠れて、揺れが収まると出て来てわたしに非難の視線を投げつけてました。
さもわたしが何かしたせいでみたいな感じで。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 11:52の鍵コメさん

こちらこそ嬉しかったのよー

・・・そして
前々から思ってたんですけど・・・実は同じ学年だということが判明しました。

よし!毎日がんがろー
って言ってもすぐサボるのがヒトの弱さなのよ。
くにゃは日々はたらくフェレットなのよ。

Re: 12:09の鍵コメさん

ありがとうございますm(_ _)m
イタチ生まだまだこれから、がんがるのよ!

そうですか、鍵コメさんはそうだったんですね。
ご自身のこと、お辛いことも教えてくださり、ありがとうございます。
息子さん、おめでとうございます!

芦屋も様変わりしましたが、西北はホントに街が消えましたよね。
いまや駅周辺は若者が集まるオシャレな街になりましたが・・・

生きてると色んなことがありますね。
辛いこともあれば楽しい事も。
そしてこれからも『新しく楽しい思い出を少しずつ増やす』、とってもステキな言葉だと思いました。

くにゃも毎日楽しいことひとつずつ増やしていくのよ♪
ありがとうございました。

プロフィール

くにゃ

Author:くにゃ
くにゃです。フェレットです。
ブログ始めました。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。